■「保証」の要件が厳しくなる?(2019年11月5日執筆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も少しだけ、民法改正(2020年4月1日施行)のお話をさせていただければと思います。「保証」は皆様ご存知かと思います。例えば誰かが金銭の借り入れを行う際などに、仮にその人がお金を返せなかった場合などに肩代わりして返すという約束をいいます。
 ただ、この「保証」の約束をうかつにしてしまうと、その後の人生が大変なことになり兼ねないのです。。これまでよくあったのが、次のようなケースです。親友やお世話になった人から「書類にサインするだけで良い。必ず自分で返済するし、君には迷惑をかけないから…」と、「連帯保証」を頼まれる。ただ、その人はその後諸事情により行方をくらますか、破産などをしてしまい、返済が不可能となる。そうすると、連帯保証人がその返済を全て肩代わりしなければならなくなる…。
 芸能人などで億単位の連帯保証をすることによって人生が狂ってしまうケースなども、よく耳にしますね。
 立法府がこのようなケースを見かねたのか、ついにこの点に関する民法改正がなされます。結論から言うと、事業用融資などの「保証」をするには、原則として「公正証書」(公証役場という公の機関で作成してもらう契約書の一種)が必要になったのです。これにより、一般の方が「サイン一つ」で保証をしてしまうおそれが激減することになったのです。これで連帯保証に苦しむ方が減ることを期待したいものです!

 

―弁護士より一言―

 口内炎が、痛いです。私がよくなってしまうのは、物を噛んでいるときに間違って唇の内側を噛んでしまい、それが元となって炎症化してしまう口内炎です。一度これになると数日間は痛みが強く、食事すら億劫になります。。調べてみると、一口に「口内炎」と言っても、約5種類(!)もあるのですね。ビタミンが足りないときにできる口内炎などが有名かと思いますが、私のように「物理的ダメージ」を原因とするものは「アフタ性口内炎」というらしいです。「アフタ性」…などと言われてもなんのこっちゃという感じですが、「口内炎も奥が深い世界なのだなぁ」などと感心してしまいました。なお、事務所内でこの話をしたところ、冷静に「まあ、いいから早く病院に行った方が良いよ」と指摘されてしまいました。。次からそうします! 

​(文責 旅館・ホテル業界に強い弁護士 佐山洸二郎)

弁護士法人横浜パートナー法律事務所(神奈川県弁護士会所属) TEL:045-680-0572 E-Mail:sayama@ypartner.com
Copyright (C) 2020 ホテル・旅館業界に強い弁護士 佐山洸二郎 All Rights Reserved.